年齢別就労可能年数

更新した自動車保険の保険証が届きました。
(これを不要としたら¥500安とはなんか変??
薄紙67ページの「約款」が同封されていました。
いつもはゴミ箱直行ですが、いい加減に見ました。

賠償金の算出の為の「年齢別就労可能年数」が有りました。
「適当に?あと何年働けるか決めた数字」です。
 0歳は49年:0歳児が怒る。
49歳は18年:妥当?
67歳は 9年:ええっ
76歳は 6年:ええっえ
82歳は 4年:偉い!
86歳は 3年:ええっ
89歳は 3年:ええっえ
92歳は 2年:・・・
もお、いいでしょう。
101歳は 1年: 
コメントは遠慮します。

春節なので

毎月、近くに来ますが、めったに侵犯はしない中華街をブラつきました。
関帝廟の周辺は「金紙」の灰が降ってきます。(大気汚染とか言わないで宗教なので許そう。)
予想通り中国人観光客が押し寄せていましたが、
予想外に大声観光客がいない。おとなしすぎる??
赤服・ピンク服観光客が少ない。若者は黒が多い。
予想外に日本人観光客が多い。
街は赤と黄色と¥2980¥2680が溢れています。
(飲み放題¥750は驚愕!)
昔の怪しい横丁にも立派なお店が林立(乱立?)。
立食いが多いのに予想外にゴミが落ちていない。
(秋葉原の方が汚いぞぉ・・・)
でも
お昼は「星のうどん」です。

1902china01.jpg

1902china03.jpg

1902china04.jpg
近所の紅梅
1902ume.jpg

ぶらMM21

過酷な深夜連続のお仕事の合間をぬってMM21を徘徊。
北仲地区では市役所高層ビルがほぼ完成しています。
博多ラーメン「きたなかぁ」とか北仲クリーニング店の開店を期待してます。
前回、火曜定休でガッカリした三菱技術館でも行くか、
遠めに見て、なんか雰囲気が・・・
「点検の為休館」 えぇ。確かに停電点検シーズンです。
ぷかりさん橋で海を眺めて、(「いず」と「もとぶ」いました)
京急の小型バス(日野ポンチョ)で横浜駅へ
1901mm01.jpg

1901mitubisi02.jpg

1901fune006.jpg
右から巡視船「もとぶ」1000トン、巡視船「いず」3500トン。
奥に自動車運搬船3隻、さらに上空に・・・小さすぎて見えないィ!!
1901bus05.jpg

お餅にマーマイト(MARMITE)

添乗員のお勧め「一番まずいNZみやげ」に反応しました。
ビール酵母が原料・・・いいねぇ。
イギリス人が好き・・・だめだ。
お店の売れ筋棚に置いている・・・???
5個購入して
ネットで調べて試食しました。
(4個はグルメ通と称する方々に強制配布)

バーターを塗ったパンで食べるのが無難らしい。
・別に不味くはない。ガッカリ。(旨くもない)
・例える味は思い浮かばない。味噌とか塩辛とは違う。
・後味がいい。
・クセになる味かな。
バターなどは塗らないでいい。
1瓶、空けるのは無理。

正月なので餅に塗ってみました。
これが一番、相性がいい。(醤油の替わり?)

強制配布された被害者は捨てる前にお試しを。

1901marmite.jpg

加湿付き暖房機の修理

自室の暖房は石油ストーブはもちろん電気ストーブも
禁止されています。(そらそうだ)
ので
山善製の加湿セラミックヒータに頼っています。
本格的な冬型で乾燥して来ましたので加湿運転しました。
「ピー」給水エラーがでます。あれこれやってもダメ。
給水系はしっかり掃除しています。再組立てしてもダメ。
あらら。5年酷使したので買換えか?

10数本のネジをはずして開けてみました。
どこも悪くない。
(プラスチックボスがネジ切れているのは許そう)

給水系は下側左右のリードSWで検知している。
左は容器の有無、右は水位。
おっと・・・分かりました。
水位を検知するフロートに発泡スチロールを
使用しています。(コストダウンにもほどがある)
これが半分以下に萎縮しています。
(絶妙なタイマー設計です)
スタイロフォームを切って交換しました。
チャン・チャン
余談:amazonとYamazenは似てる?

1812heater02.jpg

1812heater01.jpg

1812heater03.jpg

1812heater04.jpg

アキバ納め

年末恒例の「アキバ納め」です。
といっても、欲しい物はネットで買っていますので
単なる散歩(徘徊)です。

青葉台で乗った電車が「大井町行き」なので
自由が丘から東横線・先頭車両へ
「代官山駅」のその後をチェックして
いつもは避けている巨大迷路「渋谷地下駅」から
最短距離で銀座線へ。(5分以上掛かる)
旧東横線駅は「ほぼ面影なし」です。
仕方がないので新銀座線駅をチェック。
乗った銀座線は100系のレトロ特別車両でした。
(駅ごとに車内灯が消えると、それらしくなるけど)

秋葉原はびっくりするほど人が、1万人以上?
ラーメン屋が多すぎます。しかも行列。
いつもの富士無線・千石・イオシス・秋月・東映
(前にマルツが)を徘徊しましたが、
買い物は「あきばおー」だけです。
表通りなのに「小諸そば」は行列なしです。

1812akiba1.jpg

1812akiba4.jpg

1812akiba3.jpg

1812akiba5.jpg


1812akiba6.jpg

10数年ぶりにパンクした

朝早くから武蔵小杉で仕事です。
順調に準備していると「パンクじゃない?」って声が。
そお言えば100mくらい手間から爆音が聞こえていた。
この時間、飛行機は飛んでないし、後ろのバイク???

仕事の合間にタイヤ交換の準備作業。
幸い電動ジャッキとインパクトレンチが積んでます。
重いタイヤですが「体が仕事モード」なので楽勝です。
10分で交換、次の予定に影響なしです。

その後が・・・すったもんだ・・・です。
パンクしたタイヤをいつものGSに持ち込みました。
「10分で終わりますよ。」
・・・
「ダメでした。修理箇所から漏れます。」
ええ???ダメだコリャ・・・

近所のタイヤ屋に転戦。内部からの修理をお願しました。
「もう無理です。」
「新品4本¥68Kでいかが?」
安い!けど
ダメ元でいいから、修理を懇願しました。
30分ほど掛かって修理完了
(外側からの修理部分の除去に時間が掛かった)
「空気漏れなし」完璧です。
最初からタイヤ屋さんに行けばよかった。

1812pank02.jpg

1812pank03.jpg

¥100デジタル時計を修理

PCディスプレーにデジタル時計を2個載せています。
片側の表示が壊れました。
1-2年使ったので寿命でもいいけど。
冬場になると液晶の反応が鈍くなるのは仕方がないけど、
セグメントの欠けはゴム接点の腐食か基板のずれでしょう。
寒くなって基板がちじんでズレたかな。
ゴミ箱行きの前に開けてみました。
・ネジが緩い
・押しボタンのバリが液晶板に当たっている。
なら
接点を磨いて、バリを取って、ネジを閉めて・・・
復活しました。
別の一個も増し締めをして置きました。
同じ物を持っている方は増し締めをお勧めします。

1812clook1.jpg

1812clook2.jpg

1812clook3.jpg

パナ・デジカメの底ふた修理

予備の先代デジカメの修理に挑戦しました。
何だかんだ有りましたが5年使ったいいカメラでしたが、
底ふたが折れました。(正確なタイマー設計?です。)
セロテープで留めて、予備機にしています。
エポキシ樹脂で接着・補強すればいいかな?
なにげに「UV硬化液体樹脂」発見。使いやすそう・・
試しに別のパナ・デジカメで試しました。
(同様に底フタが折れたので頂きました。)
接着面を荒らしてからテープで固定。
少しずつ硬化出来るので使いやすい。
細かな所まで正確に塗れる。
余計な部分にはみ出ない。
強度は取り合えずOK。
長期寿命は?? ダメなら補強板を追加します。
2台修理出来たので、高額投資の価値はあったかな。

1812pana1.jpg

1812pana2.jpg

1812pana3.jpg

1812pana4.jpg

1812pana5.jpg

1812pana6.jpg

ダニーデン駅

ニュージーランドは鉄道が少ない。
古き良き開拓時代に張り巡らされた狭軌線路は
ほどんど撤去されたらしい。
トラムもあるらしいが全く遭遇しなかった。

南島のダニーデンで「タイエリ峡谷鉄道」に乗る予定が前日の大雨で運転中止。
仕方ないけど写真は撮りたい。・・・
代替で海岸を走る「シーサイダー」を手配して頂けました。
立派な駅舎を堪能してからレトロ車両に乗車、
走行中にデッキに出てもいい事を確認して動画撮影の準備。
(ワクワク)・・・
でも動く気配が有りません。30分以上経って「こっちも中止」が決定。
立派な駅舎・長いホーム・重連ディーゼル機関車・レトロ客車を堪能したので
まっ・いいか。

帰国前夜、オークランドのブリトマート駅をチェック。
石造りの立派な駅舎の地下に近代的な頭端ホームが有りました。

dani01.jpg

dani04.jpg

dani02.jpg

dani07.jpg

dani06.jpg

dani10.jpg
オークランドのブリトマート駅
dani12.jpg
ティマル駅
dani11.jpg
オマルーのハーバーサイド駅
隣にあるSTEAMPUNK博物館に行きたかった。
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

けむり

Author:けむり

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ